2018年11月16日

【第4話】スタジオ・ルナ アニメ研修道〜背景模写・パース編〜

背景模写・パース編1.jpg
背景模写・パース編2.jpg
背景模写・パース編3.jpg
ただいまスタジオ・ルナでは2019年度春期原画研修生の集団募集を行っています。
今回もスタジオ・ルナの研修制度を漫画と軽い説明で紹介していきます。

第4話は背景模写・パース編でした。

アニメの専門学校等を出ている人達はアニメの作り方を事前に学んでいる為こういった誤解は無いのですが、そういった勉強をする機会なくやって来る人の中には"背景は美術さんが描くものでアニメーターはキャラだけ描くものだ!"という誤解をしている人は少なくありません。
アニメーターも第一原画では『原図』と呼ばれる、そのカットにおけるキャラクターの立ち位置や背景の見え方等を細かに指示した設計図のようなものをコンテを元にして描く必要があります。

とはいえ、アニメーターを目指す人にはやはり背景よりもキャラクターを描きたい!と思っている人達が多く、背景は描く情報量も多くてキャラよりそれっぽく描きにくいし、苦手だからなるべく描きたくない!という意見を割と聞きます。
スタジオ・ルナでは基本的なパースの考え方・使い方のレクチャーと、上記のような背景への苦手意識を克服すべく、背景の絵を数種類模写してもらう背景模写の課題があります。

正直なところ漫画内で指導官のリリィが言うように、この課題をクリアするだけでは良い絵が描けるようになるかと言われるとそうもいかず、量をこなしたり様々な作品を沢山見て目を肥やして練度を上げていく必要があります。
私達先輩スタッフがレクチャーするパースについての考え方や動画を描く時のルール等は言ってしまえば鉛筆や定規などと変わりない"道具"です。
私達が実際に教えられることはそれらの道具の使い方や使う時のコツまでで、それを使いこなせるようになる為に1番必要なのは本人のモチベーションと努力です。
一朝一夕で習得できる技術ではありませんが、だからと言ってトレス編と同様に習得できない技術では決してありません。

キッズ向け作品が好きで、アニメ業界で原画スタッフとして頑張ってみたいとお考えの方は、ぜひこの機会にご応募下さい。

スタジオ・ルナは演出スタッフ、作画スタッフを中心とした制作会社で、人材育成には豊富な経験と実績があります。
私たちと一緒に、ここたまを作ってみませんか。
ご応募、お待ちしています。

(※研修生の募集はアニメーションの実務未経験の方のみです。原画、動画、背景、撮影、制作など、アニメ製作業務の経験者は応募できません。あらかじめご了承下さい)
posted by スタジオ・ルナ at 13:00| アニメ研修道