2018年09月28日

2018年冬期アニメーション原画研修生の集団募集について〖連続10回の9回目〗(求人担当)

ただいまスタジオ・ルナでは2018年度冬期原画研修生の集団募集を行っています。
第9回目の今回は「スタジオ・ルナの企業理念は『従業員の幸せとより良い世界の実現を目指す』」ということについて紹介したいと思います。

スタジオ・ルナにはいろいろな形態で働いているスタッフがいますが、そのすべてのスタッフが幸せになれるということを、最も重要な企業の存在意義と位置づけています。
またその幸せの先には、世界をより良いものに出来るよう、私達の出来る範囲で頑張っています。

多くのアニメ会社の企業理念は「世界最高の作品クオリティを目指す」とされています。
制作主体の考え方からすると、高いクオリティの作品を生産し、市場に支持されビジネスとして成功することを第一に考えるのは当然です。
そのビジネスの成功の結果、たくさんのスタッフが生活するためのお金を得るのですから、とても大切なことです。

高いクオリティを実現するために日夜粉骨砕身頑張って働いている人がいます。
効率的な生産をするためにはコストカットにも力を入れます。
そういった会社で充実して働くアニメーターもいますし、体を壊したり、生活できるだけの収入を得ることができなくなる人もいます。
企業理念の「世界最高の作品クオリティを目指す」とはそういうことです。

スタジオ・ルナは個性的な会社です。
スタジオ・ルナでは「世界最高の作品クオリティを目指す」代わりに「従業員の幸せ」を最優先します。
なぜなら、スタジオ・ルナのスタッフは全員がアニメーターだからです。
自分たちの幸せをないがしろにして、高いクオリティの作品を作ることに意味がないからです。

私達は自分たちの幸せを第一に考え、その上で社会貢献をしています。
そしてアニメを作る幸せを実感しながら高い作品クオリティを実現します。

前者と後者の企業理念には決定的な溝があります。
アニメーターとしてアニメ業界で仕事をするならば、アニメーターが幸せになれるアニメ業界作りに力を入れてほしいと思います。
スタジオ・ルナはそれを実践している会社です。
自分たちの世代でアニメ業界をより良いものにしてゆきましょう。

スタジオ・ルナの一員としてアニメを作ってみたいと思っているアニメーター志望者の方は、ぜひこの機会に応募してみてください。
posted by スタジオ・ルナ at 13:11| 求人