2018年09月26日

2018年冬期アニメーション原画研修生の集団募集について〖連続10回の7回目〗(求人担当)

ただいまスタジオ・ルナでは2018年度冬期原画研修生の集団募集を行っています。
第7回目の今回は「スタジオ・ルナは支え合う仲間の会社」ということについて紹介したいと思います。

スタジオ・ルナはコミュニケーションを大切にしています。
普段から色々なイベントをとおして親睦を深め、仲良く仕事をしています。
どんな仕事でも言えることですが、楽しい気分でないと良い仕事をすることはとても難しいです。
特にアニメーションを作るというクリエイティブな作業においては、気分の良し悪しが決定的に影響を与えます。

誰かと仲違いをしたり、不満をもったり、個人的に辛いことに会ったり、日々いろいろな障害が私達を悩ませます。
そんなときスタジオ・ルナでは相談できる先輩がいたり、共感できる仲間がいたり、一緒に障害を乗り越えてくれる仲間がいます。

なにかに挑戦しようと思ったときも、手助けしてくれる仲間がいます。
頑張る仲間の姿を見る度に、自分の中にもやる気と勇気が湧いてきます。

アニメーターの仕事は孤独な作業が多いですが、スタジオ・ルナのみんなと一緒に頑張ることで、今の自分以上の力を発揮出来ています。

また、スタジオ・ルナでは徒弟制を実施しています。
徒弟制というと昔の古臭いシステムのように思われると思いますが、アニメーターなどの高い技術を必要とする職人仕事には最適なシステムだと考えています。

アニメーターの仕事は座学などではとうてい学び取ることが不可能なほど、複雑で高度な技術が必要です。
アニメーターを育てるためには個別の事象に対して個別の指導が必要です。
それは生半可な指導ではなく、後輩のことを自分のことのように親身になって教えなくてはなりません。

スタジオ・ルナでは専属の指導官がマンツーマンで指導します。
後輩の長所や短所を細かく理解し、その段階において最も必要な技術習得のために、適切な指導をします。

私達は私達が理想としている人間関係の中で楽しく仕事をしています。
スタジオ・ルナの一員としてアニメを作ってみたいと思っているアニメーター志望者の方は、ぜひこの機会に応募してみてください。
posted by スタジオ・ルナ at 13:10| 求人