2018年09月04日

東京科学未来館(投稿者:時任寛子)

先日、お台場にある日本科学未来館にいってきました!
「世界の様々な事象を科学の視点から理解し、どんな未来を作っていくか考えていく場」
というコンセプトを持つ国立の博物館。
企画展「デザインあ展 in TOKYO」も含め、
クリエイターとして興味深い展示がいろいろありました!

豊洲駅.JPG
交通手段はいくつか候補がありましたが今回はゆりかもめを利用。
電車そのものがアトラクションのようで乗ってるだけでなんだか楽しい気分になります。
夏休み最終盤だった事もあってか、到着すると中々のにぎわい。


館内.JPG 科学館正面.JPG



お昼を食べたらいざ見学へ!
まずは「デザインあ展」。
IMG_0538.jpeg IMG_0540.jpeg
デザインとは単なる「形」ではなく、物の本質をとらえ、
それを表現する最適な手段である…
などと難しい事は考えず、とにかく楽しむ!
その中でアッという驚きを発見することが大切なのです!
何故壁からチューブが出てるとか考えてはいけません。

IMG_0542.jpeg 
こちらは顔のパーツを自分の名前に置き換える事が出来るプログラム。
結構特徴をとらえて…いる…?

IMG_0549.jpeg どーも.JPG
360°どーもくんスケッチ。右はスタッフ岡田さんの力作。
同じものを見ているはずなのに見る角度が違う、人によって見え方が違う、
全く別物にも見える。表現とは奥深いものです。
見ごたえ抜群のプロジェクションマッピングもあり、
音、色、光とデザインの集大成ともいえる作品でした。
こちらの創作意欲も大いに刺激されます!上手く写真に撮れなかったのが残念。


ジオコスモス.JPG IMG_0550.jpeg

企画展を一通り見終えたら通常展示へ。
科学未来館のシンボルともいえるジオ・コスモスがお出迎えです。
展示室の半分をぐるりと覆う階段を上ると、小さな地球を見下ろす事が出来ます。
プチ宇宙飛行士気分?個人的には宇宙ステーションの一部再現展示には
非常にロマンを感じました。
宇宙や医療、自然を科学からアプローチし
「これからどうしていきたい?」と
問題提起すると同時に夢を膨らませる展示が多くあります。
どんな素材、どんな仕組みがあれば
みんなもっと幸せになれるかな?という問いに各々発表できるコーナーも。
自由研究にもってこいの議題ですね!(もう夏休み終わりましたが)


IMGP1503.JPG
こんなかわいい癒しのロボットが、
いつかご家庭に1体、が当たり前になるかも?


ドームシアター(3Dがぐるぐるしました…臨場感抜群!)と
ミュージアムショップも堪能し、一行は帰路へ。





ぷりん.jpg
ショップで衝動買いをしてしまった宇宙食プリン。
プリンなのに…カサカサしてる…(笑)

科学も、デザインも、私たちの生活をより鮮やかにする
身近なものであるという事を楽しみながら感じられた一日でした。
機会があればまた行ってみたいものです!
posted by スタジオ・ルナ at 14:51| 日記